VISIONS

赤ちゃんと母親の手

インドネシア・ボルネオ島のタンジュンプティン国立公園で、オランウータンの母親が赤ちゃんの手を優しく握る。
オランウータンは、出産間隔が通常およそ8年と、哺乳類の中でも特に長い。
写真=Jami Tarris, Corbis

2011年10月号より

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • 五輪プールが大変身
  • 赤外線で見たコンゴ
  • 兄弟仲良く向かう先は?
  • 霧の中のハクチョウ
  • キューバの路地でダンス
  • “ひげ”を見せるクジラ
  • 冬のゴルフ場で火事
  • 収穫を待つトウモロコシ
  • 洗ったシーツで影絵遊び
  • エメラルド色の開会式
  • 水中から頭を出したワニ