特別番外編  「しんかい6500」、震源域に潜る

その3  震源の海底で、地震に遭う

不思議なことに、このハプニングを境にしてボクはすごく気が楽になった。「しんかい6500」が海底に着いてから、調査時間が限られているにもかかわらず、視界が悪く微生物マットが見つからない状況に、かなりナーバスになっていたのだ。それが、これで打ち止めの緊急浮上になるかもしれないハプニングに際して初めて、ボクらが通常の海底とは違う地震多発地域に潜航していることを思い出したのだ。

「そうだ、何があってもおかしくない海底にいるんだから、この潜航調査がうまくいかなくても仕方ない」。普段よく潜航調査している深海熱水活動域に比べ、ものすごく静謐なこの海底の様子からは、地球の息遣いを感じることがまったくなかった。それが、いつもの潜航調査と違う強烈な違和感となって、もどかしさを増幅していたんだと思う。

船上からの地震の連絡によって初めて、深海底での“生きている地球”の感覚を再認識することができた。そして得も言われぬ安堵を感じたんだ。その感覚はもしかすると、まったく誰にも共感してもらえないヘンな感覚かもしれない。ボクのちょっと変わった生命観のせいかもしれないとも思う。