壁紙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの手を握るオランウータン

インドネシア・ボルネオ島のタンジュンプティン国立公園で、オランウータンの母親が赤ちゃんの手を優しく握る。オランウータンは、出産間隔が通常およそ8年と、哺乳類の中でも特に長い。
写真=Jami Tarris, Corbis

2011年10月号「大地の素顔」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は高地に生息するユキヒョウですが、ある部分が比率的に大型ネコ科動物で最長です。その部分とは?

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ