第18回  おやつ探しのワンダーランドを探検する

 会場を見回すと在日インド人の女性や男性が、そこここでジャレビにかじり付いているのを発見。本当に人気のおやつなんですね。

 このジャレビ、ネパールでは「ジェリ」という名前で呼ばれ、やっぱりポピュラーなお菓子らしい。ネパールフェスティバルでも、ばっちり見かけました。
 
 さて、こうして、各国フェスティバル探検は無事終了(スリランカのお菓子も最後に写真を掲載しているので見てね!)

 え? もう、こうしたフェスティバルがみんな終わってしまって残念ですって?

 実は! 今週末(10月8日、9日)は例年代々木公園で行われていたタイ・フェスティバルが場所を変え、東京・靖国神社の参道で行われるそう。
 また、新しいおやつとの出会いが待っているかも。首都圏在住の方、注目です。

チェー屋さんの前。当日はかーっと暑い晴天だったこともあって、長~い行列が
チェー屋さんの店頭に並んだ様々なチェー。オーダーすると、カップの中にクラッシュアイスを入れてくれる。ちなみにここは、大阪のベトナム料理店「ベトナムカフェレストラン アンゴン」のブース。お店でもチェーを出しているということでした
緑豆白玉。白玉にはココナッツミルクがうっすらかかっている。トッピングはピーナッツ。食感が変わり更に満足! 右は白玉を割ったところ。黄色いのが緑豆餡
ブラジルで人気だという「コーンアイスバー」(これは、主に在日ブラジル人向けのもの)。右は中身を出してみたところ。この後、パクリ!といきました
ナマステ・インディアでは、あちらこちらのブースでジャレビを発見!
ジャレビを作っているところ。まず、マヨネーズのような容器に入った生地をチューッと揚げ油に絞り出して、プレッツェルのような形を作る(写真左)。揚げ上がった生地は写真右の大鍋に入ったシロップに漬け、しばらく浸してからすくい出す。甘~いわけがわかるでしょ
これはスリランカのデザート「ワタラッパン」。黒砂糖、卵、ココナッツミルクを混ぜて蒸したプリンのようなもの(現地では黒砂糖ではなく、ハクルと呼ばれる椰子の樹液を煮詰め乾燥させたものを使うらしい)。素朴でほっとする味
ベトナムフェスティバル会場。ものすごい人出です

代々木公園
東京都渋谷区代々木神園町、神南2丁目
03-3469-6081(代々木公園サービスセンター)

*イベント情報は下記ページに詳しく掲載
代々木公園イベント&フリーマーケット&フェスティバル情報
http://tigerfestival.blogspot.com/

メレンダ千春

海外に行けば、どこを見ずとも行くのはスーパーのおやつ売り場という、激甘から激辛まで味の守備範囲は360度のライター。最初の異国のお菓子との出会いは、アメリカに住む遠い親戚のおじさんが日本を訪れる度にお土産にくれた、キラキラ光る水色の紙でキャンディーのように包装されたチョコレート。ミルクの味が濃くて、おいしかったな~。インパクトのあるおやつを求めて、日々邁進中。