第18回  おやつ探しのワンダーランドを探検する

 マンゴーが入ったものや様々な豆類が入ったもの、「サンボールン」というレンコンやなつめが入った薬膳チェーなど、全部で4種類。どれがベトナムでは人気なの?とお店の人に聞いてみたら、「チェー・タップカム」との返事。「五目(具沢山)のチェー」という意味らしい。早速、オーダーしてみました。

 チェー・タップカムの具材は、これだ!と決まってはいないよう。このチェー屋さんのものには、あずき、もち米、緑豆、タピオカ、寒天とココナッツミルクが入っていた。もち米はきれいな緑、寒天はなんとピンク色でカラフル!

 もっちりとしたもち米やプリンッとした寒天、やわらかく煮た豆類など様々な食感を味わえて、とても楽しい。あっと言う間に完食。
 もっと色々食べてみたかったけど、その日は残念ながら単独探検。お腹に余裕を持っておかないとなぁ、と後ろ髪を引かれながら断念しました。また、お目にかかりましょうね~。

チェー・タップカム。写真左の一番底の鮮やかな緑色をしたものがもち米。黄色いのが緑豆の餡。右はスプーンですくってみたところ。写真ではわかりづらいけれど、寒天はとても鮮やかなピンク!