壁紙

5600万年前に干上がった沼地(太古の地球温暖化)

ビッグホーン盆地に広がる赤土の地層は、5600万年前に急激な温暖化が起きた証拠だ。それ以前には、沼地が広がり、米国南東部のオーキフェノーキー湿地にいるワニ(写真)によく似た爬虫類が生息していた。しかし、そうした沼は温暖化により干上がった。
写真=Ira Block

2011年10月号「太古の地球温暖化」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 氷の峡谷、グリーンランド
  • エンパイア・ステート・ビルディング、ニューヨーク
  • オレンジビーチ、アラバマ州
  • 自転車の街、イタリア
  • セントヘレンズの山影
  • 手負いのサイ
  • ウミガメ、バルバドス
  • レンソイス・マラニャンセス国立公園、ブラジル
  • ウィンドリバー山脈、ワイオミング州