壁紙

5600万年前に干上がった沼地(太古の地球温暖化)

ビッグホーン盆地に広がる赤土の地層は、5600万年前に急激な温暖化が起きた証拠だ。それ以前には、沼地が広がり、米国南東部のオーキフェノーキー湿地にいるワニ(写真)によく似た爬虫類が生息していた。しかし、そうした沼は温暖化により干上がった。
写真=Ira Block

2011年10月号「太古の地球温暖化」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 聖なるクマもお昼寝
  • 大胆なスピリット・ベア
  • パラグライダー、グラミス砂丘
  • 国境を越えてすみついたスペインアイベックス
  • 蛾が描いたアート
  • タクシー、東京
  • 小麦を脅かす病
  • 月の出、カリブ海
  • 体の中が透けて見えるカエル