壁紙

5600万年前に干上がった沼地(太古の地球温暖化)

ビッグホーン盆地に広がる赤土の地層は、5600万年前に急激な温暖化が起きた証拠だ。それ以前には、沼地が広がり、米国南東部のオーキフェノーキー湿地にいるワニ(写真)によく似た爬虫類が生息していた。しかし、そうした沼は温暖化により干上がった。
写真=Ira Block

2011年10月号「太古の地球温暖化」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • ウィンター・カーニバル、ニューヨーク州
  • バハマのサメ
  • 米国の美しき川 7(アラガッシュ原生自然保護河川)
  • 町の風景、リオデジャネイロ
  • スイギュウたちの足跡
  • 米国の美しき川 6(スネーク川の源流)
  • チチェン・イッツァのセノーテ、メキシコ
  • トナカイのシルエット
  • バレリーナ、カザフスタン