壁紙

青い炎の正体は……?

インドネシア
作業員のすぐそばで青い炎を上げているのは、天然の硫黄。ここ東ジャワ州のイジェン火山では、火口にある強酸性の湖の近くで硫黄が採掘され、ゴムの生産や砂糖の精製に使われている。
写真=Olivier Grunewald

2011年8月号 大地の素顔より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 地下18メートルの泉からはしごを伝って地上へ戻る(メキシコ)
  • 波、アイスランド
  • 東京、日本
  • ヒガシアメリカオオコノハズク、ジョージア州
  • 交尾のあとで休んでいたライオンの雄と雌(タンザニア)
  • 人骨の眠る泉(メキシコ)
  • 乾期でストレスがたまる雌ライオンたち(タンザニア)
  • ビックスビークリーク橋、ビッグ・サー
  • 米国では12月15日はカップケーキの日