壁紙

青い炎の正体は……?

インドネシア
作業員のすぐそばで青い炎を上げているのは、天然の硫黄。ここ東ジャワ州のイジェン火山では、火口にある強酸性の湖の近くで硫黄が採掘され、ゴムの生産や砂糖の精製に使われている。
写真=Olivier Grunewald

2011年8月号 大地の素顔より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 星の軌跡、ニュージャージー州
  • じゃれあう子どもたちと、周囲に目を配る母チーター
  • チューリップとゼラニウム
  • アステカ王国 神々への捧げもの (メキシコ)
  • 海が荒れ、波をかぶるマレコン通り (キューバ・ハバナ)
  • オーロラ、アイスランド
  • ソフトコーラルの上を泳ぐハゼ (伊豆半島沖)
  • 複葉機、セルビア
  • 空から見たアラスカ、ヌシャガック湾 (米国アラスカ州)