お待たせしました!
 今回は、待望のニュージーランド菓子、パブロバ完成品のお披露目です。

 メレンゲの台にとろりとかかった真っ白な生クリーム。その上に色とりどりのフルーツが飾り付けられ、う~ん、美味しそう。
 でも、横に立つシェフのオノさんは、ちょっと心配そうに見つめている。
 「このパブロバが、本当の味だと思わないでくださいね」
 
 ん? どうして?

 実は、メレンゲを焼くのに時間がかかるため、撮影のために用意していただいたのは、前日からの作り置きのメレンゲ。「メレンゲは、焼き上がったらすぐに劣化が始まっちゃうんです。辺りの湿気を吸って、サクサクッという感じがどんどんなくなってしまう」

 そういえば、最初にそんな説明をしていただいたような。でも、シェフ! この食いしん坊探検隊に、そんなこと関係ありません。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る