さて、作業に取りかかるまえに、オノ・シェフがざっとレシピを教えてくれた。

【材料】
■土台
卵白      300グラム 上白糖     300グラム コーンスターチ(とうもろこしを原料とした澱粉)    20グラム 白ワインビネガー   小さじ1杯 バニラオイル      少々

■トッピング
(砂糖を加えた)生クリーム フルーツ(季節のものを適宜)

そして、次はシェフの様子を見ながら、手順をご紹介。

【手順】
1.卵白を泡立て、何回かに分けて上白糖を入れる。 2.泡立てながら、コーンスターチ、バニラオイル、ワインビネガーを入れる。卵白はツヤツヤ感が出るまで、しっかりと泡立てる。 3. 出来上がったメレンゲを、丸い金属型に流し込む。シェフが使っていたのは、直径6.5センチ×高さ4.5センチの型。これに3センチぐらいの高さまで、メレンゲを入れていました。 4.容器をポンポンとたたいて、中に入ったメレンゲを均一にならす。 5. 少し置いてから、型をはずす。2~3分置くとすっぽりはずれるそう。 6.オーブンに入れ、100~110℃で2時間焼く。

オーブンに入れて、じっくり2時間!(写真クリックで拡大)

 これで、パブロバの土台となるメレンゲの出来上がり!

 ちなみに、シェフはメレンゲの中まで乾燥しないよう、また焼き具合が均一になるように、30分毎にしっかりオーブンをチェックする。シンプルだけど、とても手間がかかっているのだ。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る