第16回  ニュージーランドの超定番スイーツに出会う

パブロバを作っているところ(1つ1つの型に丁寧にメレンゲを詰めている)。詳しくは次ページからの手順を見てね(写真クリックで拡大)

 ああ、聞いているうちに、早く食べたくなってきました!

 そこに登場したのが、シェフのオノさん。パブロバを作るところを見せてくれるという。実は、シェフ。元パティシエでもあるのだ。思わず、期待で目がキラキラです。

 「ポイントは、メレンゲを低温でじっくり焼くことなんです」

 なんでも、外はパリッとしていても中まで乾燥させないために、100~110℃に設定したオーブンで2時間かけて焼きあげるそうだ。

 「焼いたら、すぐ食べないとメレンゲが外気の湿気を吸って、食感が変わってしまうんですね。だから、テイクアウトは出来ないお菓子なんですよ」

  その場で食べなければ、味わえないお菓子。ますますワクワクします。