第9回 頬を赤らめてこちらを見つめる視線は・・・

 赤みをおびた顔で、葉っぱの陰からそっとこちらをうかがうキリギリス。

 顔がデカイ。4頭身ほどだろう。独特な雰囲気があって、とても“おちゃめ”なやつだ。でも撮影しようとすると木や葉の陰にかくれてしまう。恥ずかしがり屋さん?

 「写真を撮らせて下さい~」と、首根っこをつかんで葉の上に乗せようとした。その瞬間、
 「あたたたたた~っ!」
 大きな黒いアゴで、指をガブリと噛まれてしまった。

 まさか、あんなにも首が回るとは! このずんぐり体型のキリギリスの体のしなやかさを、身を持って学んだぼくだった。

 今度は、枝の棒を使って葉の上に乗せ、無事、写真を撮ることができた。その表情は、「ウッシッシ~」と余裕の笑みを浮かべているようにも見える(下の写真)。

 野外調査に同行していたキリギリスの分類学者のピーターに見せると、「頬の模様が赤みをおびたのは初めて! 普通は白色なんだが・・・」と言う。もしかして新種?と思いきや、キリギリスでは同じ種でもこの程度の色の違いが見られるという。なるほど、これも勉強になりました。

リロメトプム・コロナトゥム(バッタ目:キリギリス科), オス
Pitbull katydid(Lirometopum coronatum
中米の低地の熱帯雨林のジャングルに生息し、大きな黒いアゴで、主に植物の実やタネをバリバリと食べる。(写真クリックで拡大)
口の大きさ:5 mm, 顔の幅 1 cm
撮影地:バルビージャ国立公園、コスタリカ
リロメトプム・コロナトゥム(バッタ目:キリギリス科), オス
Pitbull katydid(Lirometopum coronatum
横から全体を見たところ。こっちをうかがっている様子だ。僕が知っている他の多くのキリギリスの仲間に比べると、頭がとにかくデカイ。その割には胴体が極端に短い。胴の先まで4頭身ぐらいだ。日本のキリギリスはおそらく5~6頭身はあるだろう。(写真クリックで拡大)
体長:4 cm
撮影地:バルビージャ国立公園、コスタリカ

『ミラクル昆虫ワールド コスタリカ』 西田賢司

西田賢司さんの連載「コスタリカ昆虫中心生活」が本になりました!
スゴイ虫からヘンな虫、美しい虫まで、生物多様性の国コスタリカの魅力満載。デザインは寄藤文平さんです。

定価:1800円+税、128ページ、オールカラー

ナショジオストア アマゾン
西田賢司

西田賢司(にしだ けんじ)

1972年、大阪府生まれ。中学卒業後に米国へ渡り、大学で生物学を専攻する。1998年からコスタリカ大学で蝶や蛾の生態を主に研究。昆虫を見つける目のよさに定評があり、東南アジアやオーストラリア、中南米での調査も依頼される。現在は、コスタリカの大学や世界各国の研究機関から依頼を受けて、昆虫の調査やプロジェクトに携わっている。第5回「モンベル・チャレンジ・アワード」受賞。著書に『わっ! ヘンな虫 探検昆虫学者の珍虫ファイル』(徳間書店)など。
本人のホームページはhttp://www.kenjinishida.net/jp/indexjp.html