その1 日本に最適の人口は何人?

 まずはここで鬼頭氏による「日本列島の人口波動」というグラフを見てみよう。今から約1万年の間に、日本列島の人口は、大きく見れば右肩上がりで増加してきている。だが、そこには大きく4回の変動ポイントがあった。右肩上がりに増えていた人口が、一時減少するポイントだ。このグラフを見るとわかるように、日本の人口は、1万年の間に大きな4つのピークを描いている。

 こうした人口減少は、出生率を死亡率が上回ることによって起きるが、それを引き起こした原因は、それぞれの時代によってさまざまだった。最初の大きな減少、つまりひとつめのピークが訪れたのは、縄文時代後半。これは気候変動が大きな原因になったと言われている。

紀元前6150年~1846年は鬼頭宏『人口から読む日本の歴史』(講談社・2000)、1872年は旧内閣統計局推計、1900年~2010年は総務省統計局『国勢調査報告』、2011年~2100年は国立社会保障・人口問題研究所『全国将来推計人口』(写真クリックで拡大)

その2 「縄文時代、26万人でピークに」につづく

鬼頭宏(きとう ひろし)

1947年生まれ。上智大学経済学部教授。専攻は日本経済史、歴史人口学。「宗門人別改帳」などの史料をもとに、縄文時代から江戸時代までの人口推移をあらためて明らかにした。著書に「人口から読む日本の歴史」「文明としての江戸システム」(ともに講談社学術文庫)、4月には「2100年、人口3分の1の日本」(メディアファクトリー)も刊行。


福光 恵(ふくみつ めぐみ)

1960年東京都生まれ。美術業界で働いたのち、フリーライターに。日経新聞プラス1「コトバの鏡」、アスキードットPC「自腹で大人買い」などの連載あり。