第15回 アメリカ人よりもドーナッツ好きの国民とは? 後編

 でも、まずは本場の味を、ということでこれも先日、ジェイミーさんがカナダに出張した際に買ってきてもらった。

 対面したナナイモバーには、ココア味の土台にココナッツが入っていた。ちょっと贅沢な気分。口にしてみると食感に変化があって美味、しかし・・・むちゃくちゃ甘い!
 バタークリームもチョコレートのトッピングも、本当にこってり味なんだもの。

 本部にも持って行ったのだけど隊員の一人がひらめいて、キンキンに冷やしてみたそう。後で「甘いけど、冷た~くして食べると美味しかったですよ~」とぐるめ隊員。ああ、残念。冷やす前に食べちゃった。

 ところで、ワインショップにその後またお邪魔したら、ジェイミーさんがもう1つひらめいた。

 「あ、そうだ。ケチャップ味のポテトチップスなんてどう?」

 ケチャップ味?
 「そう。カナダでは定番なんだ。アメリカにもあるのかなぁ」

 いいえ、アメリカにいる友人からは全く聞いたことがない。そう、ケチャップ味なんてアメリカにもごく普通にありそうだけど、違うんです。実はこれ、カナダならではの定番フレーバー。

 ああ、やっぱりおやつの世界は奥が深い。メープルシロップ味の向こうには、知らない世界がたっぷり待っていました。

賞味期限の長いナナイモバーは、ばっちり現地の味を堪能。手作りすれば、ほどよい甘さのバージョンも作れるかも
現地に住む知人が送ってくれたケチャップ味ポテトチップス3種の写真。食べ比べてみたい!

ティム・ホートンズ
ホームページ(カナダ版・英語):http://www.timhortons.com/ca/en/index.html

ナナイモ市のナナイモバーのページ
http://www.nanaimo.ca/EN/main/visitors/NanaimoBars.html

メレンダ千春

海外に行けば、どこを見ずとも行くのはスーパーのおやつ売り場という、激甘から激辛まで味の守備範囲は360度のライター。最初の異国のお菓子との出会いは、アメリカに住む遠い親戚のおじさんが日本を訪れる度にお土産にくれた、キラキラ光る水色の紙でキャンディーのように包装されたチョコレート。ミルクの味が濃くて、おいしかったな~。インパクトのあるおやつを求めて、日々邁進中。