第15回 アメリカ人よりもドーナッツ好きの国民とは? 後編

 さて、ジェイミーさん、もう1つ、カナダならではのおやつを紹介してくれた。

 その名は「ナナイモバー」。

 「ナナイモ」とは、カナダ西海岸はバンクーバー島にあるかつての炭鉱街(カナダ本土にある日本でもお馴染みの街、バンクーバーの向かいです)。
 発祥の地については諸説あるようだけど、ナナイモバーは1950年代にこの街で大ブレーク。以来、街の名物となり、今ではカナダ全土、スーパーにも置いてあるようなポピュラーなお菓子になっているそうだ。

 砕いたクッキーにバターなどを混ぜた土台の上に、バニラもしくはカスタード味のバタークリームを載せ、その上に溶かしたチョコレートを流して固める――それがナナイモバー。今ではピーナッツバターを使ったものなど様々なバリエーションがあり、86年にはベストレシピを探すべくナナイモ市がコンテストを開催。100に迫るレシピが集まったんだとか。

 市のホームページには、「ナナイモバー散策マップ」なんてのもあって、ナナイモバーのフライ、チーズケーキ、カップケーキ、果てはナナイモバー風のカクテルまで、市内のお店で食べられる色んなナナイモメニューが出ている。オーソドックスなナナイモバーのレシピも出ていて思わず作りたくなる。オーブンで焼く必要がないので、手軽に出来そうだ。