ニューヨーク州北東部に、奇跡の復活を遂げた自然が広がる。その表情豊かな森や湖と、公園の歴史を追う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アディロンダックの自然

ニューヨーク州北東部に、奇跡の復活を遂げた自然が広がる。その表情豊かな森や湖と、公園の歴史を追う。

文=バーリン・クリンケンボルグ  写真=マイケル・メルフォード

 ニューヨーク州北東部に位置するアディロンダック公園。東京都の面積の10倍以上の広さを誇る園内には、3000以上の湖と40を超す山が点在し、ビーバーやテン、カナダオオヤマネコなどが生息している。

 公園が設立されたのは1892年。このとき、州が所有する土地は永遠に守られることが決まった。設立当初は110万ヘクタールだった面積は現在250万ヘクタールに拡大。公園の6割ほどの土地が私有地で、複雑な土地利用が見られるものの、多くが開発を制限され、かつて林業や工業により破壊された自然が、奇跡の復活を遂げている。

 秋から冬へと移ろうアディロンダックの自然を、マイケル・メルフォードの詩情あふれる写真で訪ねる。

編集者から

 赤や黄色に染まる木の葉や、風を受けてしなる水辺の青草、吹雪にじっと耐える茶色い木々、雪化粧をまとった山の頂……。季節の移ろいとともに表情を変える公園の自然を収めた美しい写真を楽しんでください。米国西部のイエローストーン(2009年8月号に特集あり)より面積の広いこの公園は、かつて木々の伐採によって荒廃しましたが、行政の力で自然を再生させることに成功しました。さまざまな種類の土地がモザイクのように入り組んでいる事実こそ、その成功の鍵を握っているのかもしれません。(編集M.N)

この号の目次へ

翻訳講座

記事ランキング

ナショジオクイズ

これは何でしょう?

  • 宇宙探査機
  • 自動翻訳機
  • 爆弾

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ