壁紙

古都パガンに立ちならぶ仏塔(ミャンマー)

カンボジアのアンコールワットにも匹敵する景観を誇る、ミャンマーの古都パガン。紀元2世紀に端を発する仏塔(パゴダ)は、多くがレンガ造りで、しっくい塗りの上に彩色されている。かつては1万3000もの仏塔があったが、地震とアイヤワディ川の氾濫(はんらん)によって、1万以上が破壊されてしまった。
写真=Chien-Chi Chang

2011年8月号 「ミャンマー 闇と光の行方」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 農家にとっては天の恵みとなる夏の雷雨(パレスチナ)
  • 毛の品質を検査されるアンゴラウサギ(オランダ)
  • 干ばつで無用の長物となった水深計(ヨルダン)
  • 天津の街を貫く海河(中国)
  • エトナ山から流れ出す溶岩(イタリア・シチリア島)
  • 鶏の糞を肥料に使う農場(米国ペンシルベニア州)
  • アイスランドのホッキョクギツネ
  • 年間4億トンに上る貨物が大運河へと送り出される(中国・江蘇省)
  • 氷に覆われた常緑樹(フィンランド)