壁紙

みんなで子育てするハヌマンラングール

赤ちゃんを抱いているからと言って、母親とは限らない。ハヌマンラングールは子守を近縁の雌と分担するのだ。生まれた時は、濃い色の毛がうっすらと生えているだけだが、数カ月もすれば、灰色がかった金色の毛が生えそろう。
写真=Stefano Unterthiner

2011年8月号 「インドの聖なるサル」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 崖にたたずむピューマの親子(米国)
  • わが子と触れ合うセイウチのお母さん(カナダ)
  • ハリウッドのピューマ(米国)
  • 歴代大統領を3Dスキャン(米国)
  • 氷の下のセイウチ(グリーンランド)
  • 魚の群れの間をゆくウミガメ(パプアニューギニア)
  • スーラ島のアカマツの林(ノルウェー)
  • キンベ湾のクマノミ(パプアニューギニア)
  • 世界遺産ネロイフィヨルド(ノルウェー)