第4回 何でオマエはこうなった?

――冥王星の話ですが、つい最近、惑星から降格されましたね。

(写真クリックで拡大)

 ずっと冥王星が嫌いだったので、降格されたときは「キターッ!」て感じですね。ブログで歓喜の舞を披露してしまいました(笑)。

――でも、その冥王星の名付け親、野尻抱影(英文学者・天文民俗学者)が親戚にあたると。

 嫌い嫌いも好きのうちということだったのでしょうか。

 不思議なんです。私がアンモナイトの化石に興味を持ったとたんに、父(中川勝彦、ミュージシャン・俳優)のアンモナイトのコレクションがどっさり出てきたり。

アンモナイトの化石(写真クリックで拡大)

 私は、9歳のときに父を亡くしていますから、そんな趣味があったなんてぜんぜん知らなかった。いま、生きていれば、きっと熱くアンモナイトについて語り合うでしょうね。

 祖父も自然科学が好きでしたから、血筋っておもしろいですね。