快晴の空の下、さっそく全米を網羅する長距離バス会社「グレイハウンド」のターミナルに行って、スケジュールを聞いてみました。

 ところが、案内所の人はイリーといってもピンと来ません。よっぽど小さな町なのでしょうか。

 何度も聞き直され、E・L・Yとスペルを交えて答えました。それでも、わかってくれないので、しまいにはミネソタの地図を広げ、指を差してようやく行きたい場所を理解してくれました。

 ほっとしたのもつかのま、返ってきたのは期待はずれの答えでした。

「バスはないよ。途中のダルースまでならあるけど。」

 今度はぼくが何度聞いても、同じ答えしか返ってきません。

 あわてて地図を見るとダルース(Duluth)とはミネアポリスの北東にある都市で、世界最大の湖スペリオル湖のほとりにありました。

 なるほど、方角からして、イリーまでの途中にあるといっていいでしょう。距離は直線で約200キロ。スケジュールによると片道3時間ほどでした。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る