今回は、かき氷ハントの途中で出会った、風変わりなひんやりスイーツのレポートです。

 事の発端は、通訳のデビーさんが教えてくれた、スイーツ店情報。醤油で煮込んだ豚足味のアイスクリームがある店を教えてくれたのだ!

 確かに日本にも醤油味とかわさび味とか、海外の人から見たら「あり得ないでしょ」な味のアイスはあるけれど、肉味のアイスクリームなんてお目にかかったことがない。台湾ならではのアイスに、「美味しいかき氷三昧でいいね」なんて言うおやつ部長を横目に、これは絶対制覇しなくてはと、日本を出発するときから心に決めていたのだ。

 途中、台風シーズンならではの豪雨に見舞われながら、たどり着いたのは「雪王冰淇淋」(シュエワンビンチーリン)というお店。メニューには、日本語を併記しているものもあり、かなり日本の旅行者も訪れている様子。

 メニューをじっくり見ると、肉味のものは、ごま油チキンと肉そぼろ、豚足味がある。肉味以外にも、珍しいフレーバーがずらっとあって楽しそう。

 とにかく、まずは肉フレーバーを全部頼んでみようと思い、カウンターでメニューに載っている順から「ごま油チキンと・・・」と注文しようとしたら、お店のお姉さん。いきなり、「だめだめだめだめ! それ、やめた方がいい!!」

 え? だって、メニューにちゃんと載ってるのに。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る