第12回 台湾かき氷弾丸ツアー(その4) 肉味アイスを食す

「雪王冰淇淋」の店頭(写真クリックで拡大)

 「これは、ごま油の味が結構きついの。初めての人には、ちょっと無理」。お姉さん、両手を前に出して、猛烈にダメ!と左右に振り続ける。強硬に反対するお姉さんの様子に、思わず笑ってしまいました。

 「肉味を食べるなら、肉を使ったアイスのシリーズで、最初に出来たこのフレーバーがお薦め! 肉そぼろ味よ」
 肉味系アイスでは一番人気でもあるらしい。ここは素直にお薦めに従った方がいいかも。

 出てきたアイスは、うっすらベージュ色。肉そぼろ風のツブツブが、そこここにのぞいている。でも、肉そぼろと知らなければ、特に変わったアイスには見えない。

 「じゃ、いただきま~す」っと、ひとすくい口に入れると、あ、このアイス甘くないや。塩味なんだ。
 ん? 時間差でじんわり襲ってきたのは、おお・・・っ。
 これは・・・。じわっと・・・脂の味!

 醤油と脂の味がして、じわじわ肉の風味もしてくる。お店の方々、すみません。ちょっと罰ゲームな味でした。でも、相当貴重な体験。

 すっかり他の肉味をオーダーする気はそがれてしまったけど、どうしてこうした味のアイスを作ったのかを聞いてみた。