1888年から1895年までに刊行された『ナショナル ジオグラフィック』は全部で36号でした。

 1888年は10月に出した創刊号だけでしたから、翌年から95年までの7年間では35号。1年あたり平均5号で、しかも刊行時期は本当にばらばらです。

 散々な売れ行きでした。レンガ色の地味な表紙におカタい内容。そして刊行はまったくの不定期。これで売れると思うほうが間違っています。

 このままでは雑誌がつぶれてしまう。と、思ったかどうか定かではありませんが、“がっかりするほど少ない”発行部数をなんとか増やそうと、1896年に協会は大幅なリニューアルを図ります。

1896年11月号に掲載されて大きな話題を呼んだズールー民族の新郎新婦の写真

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る