壁紙

実は身近なものの種です

童心にかえって服にくっつけて遊びたくなりそうな形だが、これは顕微鏡で見たニンジン(学名 Daucus carota)の種子。100万粒ほど集めてようやく、重さが1キロになる。
写真=Viktor Sykora, Charles University, Prague

2008年1月号「大地の素顔」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • チューリップとゼラニウム
  • アステカ王国 神々への捧げもの (メキシコ)
  • 海が荒れ、波をかぶるマレコン通り (キューバ・ハバナ)
  • オーロラ、アイスランド
  • ソフトコーラルの上を泳ぐハゼ (伊豆半島沖)
  • 複葉機、セルビア
  • 空から見たアラスカ、ヌシャガック湾 (米国アラスカ州)
  • アスペンの森、コロラド州
  • 最高速に達したコウテイペンギン