壁紙

実は身近なものの種です

童心にかえって服にくっつけて遊びたくなりそうな形だが、これは顕微鏡で見たニンジン(学名 Daucus carota)の種子。100万粒ほど集めてようやく、重さが1キロになる。
写真=Viktor Sykora, Charles University, Prague

2008年1月号「大地の素顔」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • 遊覧船、ケニア
  • サーファー犬「スキッピー」(米国ノースカロライナ州)
  • 摩訶不思議なソコトラ島 6 リュウケツジュが生えるディクサム高原
  • アラトナ川渓谷、アラスカ
  • 波を眺めて過ごす時間(米国ノースカロライナ州)
  • ホルスタインのまだら模様は・・・
  • 摩訶不思議なソコトラ島 5 断崖に根を下ろすアデニウム
  • モラン山、グランド・ティートン国立公園
  • ホー・レイン・フォレスト、オリンピック国立公園