壁紙

実は身近なものの種です

童心にかえって服にくっつけて遊びたくなりそうな形だが、これは顕微鏡で見たニンジン(学名 Daucus carota)の種子。100万粒ほど集めてようやく、重さが1キロになる。
写真=Viktor Sykora, Charles University, Prague

2008年1月号「大地の素顔」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • グランドキャニオンの嵐雲
  • トウゴロウイワシの群れとターポン
  • ビッグサイプレス国立野生保護区
  • エベレストに輝く星
  • セイウチの休息、カナダ
  • ウユニ塩原、ボリビア
  • コウテイペンギンのヒナ
  • オグロヌー、ボツワナ
  • ホッキョクオオカミ、カナダ