さて、みなさん。もうお忘れかもしれませんが、わが探検隊。お持ち帰りおやつだけじゃなく、お菓子の手作りキットもいくつか購入しておりました。

 今回は、そんなおやつの手作りリポートの巻。

 手に入れたのは、コロンビアのプリン、ペルーのドーナッツ、インドのアイスクリームの手作りキットの3つ。プリン、ドーナッツ、アイスクリームなんて、身の回りにあふれているけれど、味の想像がつきそうでつかないところに、世界の広さを実感。

 なんてったってドーナッツなんて、原材料としてクローブとかアニスなんて香辛料が記してあるのだ。どんな味がするんだろう。

 まず、作り始めたのが、南米食材店の一押し商品のひとつだった、黒糖プリン「ナティージャ」。作り方の説明を見ると、牛乳とシナモンスティックを鍋に入れて沸騰させる、とある。でも、シナモンスティックを何本入れたらいいのかがわからない!

 ウェブでレシピを検索してみたら、1本から数本まで千差万別。それって、相当味が違うよなぁ。お店のクロサキさんは、「“すごく”シナモンが利いたプリンです」って言ってたことを思い出す。そこで、思い切って5本入れてみました。

 沸騰したら、残りの牛乳とプリンミックスを混ぜ合わせておいたものを鍋に入れ、シナモン味の牛乳と合わせる。その後は「絶えずかき混ぜて、途中で固まってきたら中火にし、更に約10分かき混ぜる」とあるのだけど、ええ? 途中でプリンとは思えない硬さになってきた。

 すごく力がいります、これ。10分もかき混ぜているとワークアウトのよう。 「これでいいのかなぁ・・・」と思いながら、一応パッケージに書いてある通りのことをすませ、型に流し入れて冷やす。どんなものが出来上がるのか、ドキドキ。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る