壁紙

異界への入り口

ギョベックリ・テペの遺跡で、床に散らばった門の残骸。おそらくは異界への入り口として作られたもので、遺跡のあちこちにその象徴とみられる動物が彫られている。多くが写真右奥の柱に見えているキツネのような肉食動物だ。
写真=Vincent J. Musi

2011年6月号 「人類最古の聖地」より

壁紙一覧へ

ダウンロード
ダウンロード
ダウンロード

「壁紙」最新記事

  • オーロラ、スウェーデン
  • ほかの子の世話もする若いライオンたち(タンザニア)
  • キノコをつかんでバランスをとるカエル(コスタリカ)
  • ベニヒワ、アラスカ
  • ビーチ、ニュージャージー
  • オオアリクイ、ブラジル
  • 原子力電池で走行する火星探査車「キュリオシティ」
  • 夏の別荘、スペイン
  • アラスカで冬を過ごすベニヒワ(米国・アラスカ)