北極海のアゴヒゲアザラシの子ども
インドネシアのオオウナギ

 ロシア・バイカル湖のバイカルアザラシ、カリフォルニアのキタゾウアザラシ、北極のアゴヒゲアザラシ、南極のウェッデルアザラシ。

 ノルウェーの、ニシオンデンザメ(グリーンランドシャーク)、ホッキョクグマ。

 中国・長江のカラチョウザメ、岩手県のマンボウとシロザケ、インドネシア・スラウェシ島の熱帯ウナギ、ハワイのシュモクザメとイタチザメ。

 仏領ケルゲレン諸島のケルゲレンヒメウとジェンツーペンギン、アメリカフロリダ州のミシシッピワニ。

 そして、もちろん、南極のアデリーペンギン!

 国立極地研究所助教の渡辺佑基さんが、これまでにデータロガーを装着してきた動物と棲息地を辿るとだいたいこのようになる。

南極のアデリーペンギン

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る