母親から無理やり引き離されて、暴れん坊と化した子馬をなだめるため、最終秘奥義「ムツゴロウになる!」を発動しようと馬房にひとり乗り込んだ私。さて、その効果やいかに!?

 人間になれていない子馬に近づくことは、本当は危険極まりない。
 小さな体でも、結構な力はあるし、下手をすれば共に怪我をしてしまう。
 しかし、こっちも体を張って真正面から向き合えば、きっと子馬たちも分かってくれるだろう。
 そんな期待を胸に、そろ~りと手を伸ばして、「お~よしよし、お~よしよし」と言ってみた。これが、ムツゴロウ式なのである。ははは(笑)
「お~よしよし、お~よしよし」
 テレビでは、どんな猛獣も、腰をひょわひょわさせて大人しくなっていたのだ。
「それそれ、ひょわひょわさせろ」
 伸ばした手は、お尻に届いて、撫でてみる。
 ところが……、
「なにすんだ!」 ドン!っと、またも蹴られてしまった。
 今のは、ひょいっと避けなければ、本当に蹴られるところだった。危なかった~。
 ということで、早くも、ムツゴロウ式は、玉砕してしまった……。

  子馬たちの方も、壁に八つ当たっていた足がじ~んとなっているようで、馬房の隅で、じっと耐えている。
「……だからね、そろそろ諦めなさい。人生、諦めが肝心なのだよ」
 すると今度は、激しく抵抗していた子馬が、なにやら可笑しな行動をとりはじめた。
 お尻を突き出して、もう一頭の子馬の方に向けているのだ。
 まさか……、
 予感は的中だった。その子は、まるで、「足がじ~んとならない、柔らかいものを見つけました! 大発見!」とばかりに、もう一方の子馬のお尻に照準を定めているのだ。
 お尻を突きつけられる方も、「蹴られるのは、ヤダヤダ」と逃げまわる。
 しだいに、お尻とお尻の尻相撲になって、とうとう、一撃が飛んでしまった。
 バッコ!
 そして、負けずに、バッコ!
 バッコ! バッコ!
 もう、見ていられないくらいのバッキング(後ろ蹴り)の嵐である。子馬とて容赦はない。まるで、ロデオさながらである。

『今日も牧場にすったもんだの風が吹く』 廣川まさき著

Webナショジオのオープンと同時にスタートし、大人気を博した連載「今日も牧場にすったもんだの風が吹く」が電子書籍になりました!
最終回までの全59話を収録。

【お求めは各電子書籍ストアでどうぞ】

アマゾン

・日経ストア
・楽天kobo
その他の電子書籍店はこちら

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る