“癒し系”宇宙飛行士、古川聡さんが宇宙へ飛び立ちました(写真:NASA/Carla Cioffi)。約半年の宇宙生活、がんばってください!
 東大卒のエリート医師から転身して12年。47歳の粘りの人です。昨年のインタビューでは笑顔のなかに頑固さ、芯の強さを感じました(2011年1月号に掲載)
 日本の宇宙飛行士も毛利衛さんら科学者の時代から、若田光一さんら技術者の時代を経て、ふたたび科学者が飛び立つ時代がきました。国際宇宙ステーションを「科学の場」としていかに使いこなすか、注目です。先週公開した若田さんのインタビューでは、日本の宇宙飛行の流れがわかります。ぜひご覧ください。

若田さんインタビューはこちら
古川さんインタビューを掲載した2011年1月号の紹介ページはこちら

(Web編集長Y)