フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- MAY 2011 -

帽子を見れば分かること

 1926年に撮影された、シレジア南部の女性たち。当時、シレジア地方はワイマール共和国(現ドイツ)の一部だったが、現在はポーランドに属している。写真のような帽子は、かぶっている女性の社会的地位や結婚しているかどうかを表していた。精緻な飾りのついた帽子は絹製で、金糸、銀糸、スパンコール、ガラス玉などがあしらわれた。しかし、流行とは廃れるもの。写真の裏にはこう書かれている。「こうしたシレジアの美しい帽子をかぶっているのは、いまや高齢の女性だけだ」

文=マーガレット・ザコウィッツ

写真=H. Goetz, National Geographic Stock

フラッシュバック一覧へ

  • 着物で海水浴?
  • ミシシッピの貝採り男
  • 異常気象の1年
  • ランドガールズの活躍
  • ロボットでメイクアップ
  • アラスカの食を守った男
  • 10歳の結婚式
  • 天然の滑り台
  • ゾウのブランコ
  • 自慢の帽子
  • 12年に一度の沐浴

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:ペルーのアンデス山脈では、劣悪な環境下で黄金を探す人たちがいます。金鉱の入り口近くにあるこの町で暮らす女性たちの多くがやらないことは次のうちどれでしょう。

  • 金鉱で誰とも話さない
  • 金鉱に立ち入らない
  • 金鉱で何も食べない

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ