- APRIL 2011 -

天然の滑り台

 写真は1941年4月に撮影された、ペルーのクスコ郊外にある岩の斜面。ケチュア族の人々が表面をツルツルに手入れしている。インカ帝国の要塞サクサイワマンの向かい側にあるこの岩は、人の手というより地質作用によって滑らかになった。だが今でもここを訪れる観光客たちが、“お尻を使って”この斜面を磨き続けている――そう、この斜面は、天然の滑り台になっているのだ。

文=マーガレット・ザコウィッツ

写真=Three Lions/National Geographic Stock