でも、「店の一番人気は、黒糖プリンの素です」とクロサキさん。パネラというサトウキビから作った黒糖を使ったコロンビアのプリンで、シナモンをばっちり効かせて作るのが現地風なのだそう。南米料理のレストランの人も、これを買いに来るのだとか。これは試してみねば!と早速購入。(味見リポートは後日、お楽しみに。)

 それはそうと、「このジューススタンドでは、何をいただけるんですか?」と、ずっと気にかかっていたことを聞いてみる。「コロンビアとブラジルの果物を使ったジュースを出してるんです」とクロサキさん。冷凍の果肉ピューレを、ミキサーでミルクや水と混ぜていただくのだそうだ。

 よく見ると、カウンターの上には20種ほどの果物の種類を書いたメニューが。それも、聞いたことのない果物の名前が続々! 果物によって水がいいか、ミルクがいいか相性があるそうなので、お薦めを聞きながら3つをセレクト。コロンビアのものは木トマトとモラ、ブラジルはウンブという果物を選んでみた。さて、味はいかに。

 木トマトは名前の通りトマトに似た木に生る果実で、ジュ―スは薄いオレンジ色。水でもミルクでも相性がいいそうだが、トマトっぽい味がはっきりするのは水ということで、こちらをセレクト。青い香りがしたが、味はトマト、かな?「食用のほおずきっぽいですね」と、グルメな隊員A(通称:グル)が鋭いコメント。さっぱりとして、なかなかおいしい。

 モラはアンデスなどが原産のベリーの一種で、ブラックベリーのような外観の果物。ミルクと合わせたこちらは紫がかったピンクのジュースとなり、濃厚なベリーヨーグルトドリンクのよう! デザート感覚で楽しめる。

 最後に水とミックスしたウンブは緑がかった黄色のジュースに。ブラジル北東部原産のフルーツだそうで、かんきつ類に近い味がした。爽やかな飲み口だ。

 隊員5人で人気投票をしたら、モラ派と木トマト派に分かれた。「あ、夏の暑い日は、ウンブもいいかも」 そりゃ、今年の夏に大活躍かもね。

ジュースのメニュー。ラインナップが豊富で目移り。冷凍ピューレそのものも売っている
大人気の黒糖プリンの素「ナティージャ」
ココナッツを使ったクッキーやチョコが並ぶ
ジュースと同じフルーツを使ったアイスも。ルロというコロンビアの果物のアイスを食べてみたら、うすい緑色で穏やかな酸味のフローズンヨーグルトのようでした

ムンドラティーノ ショップ
東京都品川区東五反田1-12-12 落合ビル3F
電話:03-6408-0748
ホームページ:http://www.nambei.com/ja/

メレンダ千春

海外に行けば、どこを見ずとも行くのはスーパーのおやつ売り場という、激甘から激辛まで味の守備範囲は360度のライター。最初の異国のお菓子との出会いは、アメリカに住む遠い親戚のおじさんが日本を訪れる度にお土産にくれた、キラキラ光る水色の紙でキャンディーのように包装されたチョコレート。ミルクの味が濃くて、おいしかったな~。インパクトのあるおやつを求めて、日々邁進中。

この連載の次の
記事を見る