- FEBRUARY 2011 -

自慢の帽子

 頭の上にチャボを載せてポーズを決める女性。1926年にシカゴで開催された家禽・ペットショーで撮影された1枚だ。おそらく本誌英語版1927年4月号の特集「米国がメンドリに負う恩義」のために入手した写真だが、掲載はされなかった。記事の中で、筆者のハリー・R・ルイスは次のように書いている。「昔から、文明が進歩を遂げていく中でメンドリは人類の仲間だった……メンドリは全人類に愛されているといっていいだろう。これほど多くの人々の関心をひき、大事にされる動物は他にない」。頭の飾りとしてふさわしいかどうかは別問題だが。

文=マーガレット・ザコウィッツ

写真=Acme Newspictures Inc./National Geographic Stock