フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- JANUARY 2011 -

12年に一度の沐浴

 およそ12年おきに――日時は、現地の占星術の暦に基づいて決められる――インド・タミルナードゥ州クンバコナムの町に、自らの罪を洗い清めようと、数十万もの人々が集まり、マハマハム・タンクに身を浸す。約2.5ヘクタールのこの貯水池は両脇に階段がついていて、インドの数々の聖なる川の水をたたえているという。「沐浴(もくよく)は、ヒンドゥー教徒の信仰生活と密接に結びついている」。本誌英語版1913年12月号に掲載されたこの写真には、こうしたキャプションが添えられている。「沐浴をするのに最適な、縁起のいい時間を待つ巡礼者たちが、巨大な貯水池を埋めつくしている様子がうかがえる」。次回のマハマハム祭りは、2016年に開催される予定だ。

文=マーガレット・ザコウィッツ
写真=W. E. Grubl, National Geographic Stock

フラッシュバック一覧へ

  • 着物で海水浴?
  • ミシシッピの貝採り男
  • 異常気象の1年
  • ランドガールズの活躍
  • ロボットでメイクアップ
  • アラスカの食を守った男
  • 10歳の結婚式
  • 帽子を見れば分かること
  • 天然の滑り台
  • ゾウのブランコ
  • 自慢の帽子

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:チーターの違法取引が横行しているアフリカ東部のソマリランド。ソマリアからの分離独立を一方的に宣言しているこの共和国が位置する半島一帯は何とよばれているでしょう?

  • アフリカの角
  • アフリカの耳
  • アフリカの鼻

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ