常に怪我を気にしてプロテクターを身に着けたり、手が勝手に動いてしまうのは困る。ただ、それらの症状は、その前の激痛に比べたら、あくまで比較の問題としては「まし」なものだったようで、患者自身による術後の痛み評価や活動評価、そして抑うつの尺度は画期的に改善した。

「治療するまでは、奥さんが『もうお父さんの腕は棺桶に入るまで触れんと思っとったのが、触れるようになったからよかった』とか言ってくれて。それが今のニューロサイエンスの知識からいうと正しかったかは疑問だけど、当時できることということで、考え抜いて悩み抜いて患者さんとも話しながらやったことなんですね。この患者さんは、後に患者会を作ったときに会長を引き受けてくれて、『私のスライド、ビデオも、後の人のためになるなら使ってください』と言ってくれてるんです」

脳の中で異変が起きていることは間違いなさそうだが…。
[画像をタップでギャラリー表示]

 では、術後にあらわれた「手が勝手にグーパーしてしまう」「目の裏がかゆい」というような不思議な症状はどう説明すればいいのだろう。そもそもこういった患者の脳では何が起きているのかという問題に、牛田さんは取り組むようになる。

「刺激の信号が脊髄から脳に入るときに最初に通るのが視床です。だから、まず脳の中でも視床が重要だというのがセオリーで、僕は一時、MRIなんかを使って視床を見ていく研究をしていました。まず、健常者の右手を刺激して痛いというときには、脳では左右反転して、視床の左側が活動するんですね。でも、ずっと長いこと痛みを持っている人は、むしろその部分の活動が下がってるんですよ。つまり、活動が低下しているのに痛いんです。そして、視床の後の、感覚や情動の部位はちゃんと活動しているんです」

 これは謎だ。痛みの刺激が脊髄を通って視床に入り、その後、脳内の痛み関連領域で痛いという感覚や痛みの情動につながっていくというセオリーからは想定外の結果といえる。

 そこで牛田さんが試みたのが、「視覚刺激による疑似疼痛体験」という実験だ。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る