第5回 整形外科の医師がゲノム研究者になった理由

症例数の少ない骨軟部腫瘍の研究を進めるべく、松田さんらは「骨軟部腫瘍ゲノムコンソーシアム」を立ち上げた。国内20以上の医療機関に加え、実績のある8研究施設が参加するオールジャパン体制の研究ネットワークだ。(画像提供:松田浩一)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー