第2回 食道がんのリスクを189倍にした要因が明らかに

アルコールと喫煙と2つのSNPを含めた解析を行った結果、全ての危険因子を持たない人に比べ、4つとも危険因子を持つ人では、189倍もリスクが高かったことが明らかになった。(画像提供:松田浩一)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー