夏でも氷が行きかう極北の集落ケープ・ドーセット ©Lee Naraway
夏でも氷が行きかう極北の集落ケープ・ドーセット ©Lee Naraway
[画像をタップでギャラリー表示]

 カナダの北部、北極に近いケープ・ドーセットという小さな集落を舞台に、観光の力を使って地域の自立を目指す取り組みが始まっている。その主役は極北の狩人イヌイット。彼らは彫刻と版画という2つのイヌイット・アートを観光と結び付け、多くの人の応援を受けながら持続可能なコミュニティーづくりに挑戦している。

 イヌイット・アートと観光を融合させる手立てとして期待されているのがクルーズ船の観光だ。北米各地やヨーロッパ、オーストラリアからクルーズ船に乗って裕福な観光客がイヌイットの地にやって来る。ここでの生活や文化に触れ、アーティストたちと言葉を交わし、彫刻と版画に触れるひと時を過ごしながら気に入った作品を購入する。こうした機会が増えていけば、イヌイットに安定的な収入や雇用の機会をもたらすだけでなく、イヌイット社会と外の世界の間の交流を促すことにもつながるのだ。

 ケープ・ドーセットには1500人ほどのイヌイットが暮らしている。あまりに北すぎて、木も草も生えない。あるのは石と岩ばかりだ。短い夏が終わると、雪と氷がこの地を覆いつくす。かつてはエスキモーと呼ばれ、氷原でアザラシやセイウチを撃ち、生の肉を食べてきたこの地のイヌイットは、精霊のような鳥の版画や踊るホッキョクグマの彫刻を生み出すアーティストである。

 彼らが作るイヌイット・アートは、カナダを代表する芸術として世界的に評価が高い。作品は首都オタワのカナダ国立美術館をはじめ、カナダの代表的な美術館に収蔵・展示されている。イギリスやフランスをはじめ、ヨーロッパのコレクターの間での人気も高い。

 しかし、アートという生活の糧がもともとあったわけではない。狩りをしながら移動する日々を送っていたイヌイットは、ある日政府に定住を強いられ、狩猟と毛皮交易という生活の基盤を失った。現地にある資源や国土防衛がその政策的理由だった。

おすすめ関連書籍

観光の力 世界から愛される国、カナダ流のおもてなし

たくさんの観光客、住民の幸せ、持続可能という矛盾しがちな課題を、どうクリアするのか。観光大国カナダの事例にヒントをさぐる。

定価:1,980円(税込)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る