ユネスコ世界自然遺産「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」の玄関口となるバンフ国立公園は、自然との調和を目指す観光地だ ©Paul Zizka
ユネスコ世界自然遺産「カナディアン・ロッキー山脈自然公園群」の玄関口となるバンフ国立公園は、自然との調和を目指す観光地だ ©Paul Zizka
[画像をタップでギャラリー表示]

 カナディアン・ロッキーの絶景を望みながらハイウェイを進んでいくと、目の前に巨大な橋が見えてくる。橋の下の2つの半円の中を人が乗った車が行き来し、その頭上をクマやオオカミなどの野生動物が渡っていく。誰がロッキーのあるじであるかを示すような光景だ。動物だけが渡れる橋「アニマル・オーバー・パス」には、1カ所あたり日本円で1億数千万円が投じられる。この橋こそ、カナダの人たちがロッキーで野生動物と共に生きていることの象徴といえるだろう。

 橋がつくられたきっかけは、動物が犠牲になる交通事故の頻発だった。大西洋から太平洋までを結ぶ国道1号線「トランス・カナダ・ハイウェイ」が建設され、バンフ国立公園にも1962年以降、4車線のハイウェイが通過することになった。車が行き交うハイウェイを横切ることは、野生動物にとって文字通り命がけの行動だ。ハイウェイの開通後、車にはねられて命を落とす動物が毎年100頭近くに上るようになってしまった。

 カナダの国立公園を管理する政府機関「パークス・カナダ」は、不幸な事故を防ぐためにハイウェイに沿って82キロに及ぶフェンスを設置した。おかげで交通事故は減ったものの、今度は別の問題が浮上する。動物が道路を横切ってロッキー山中を行き来できなくなったことで、生態系が分断されたのだ。特に、食物連鎖の頂点に立つクマやオオカミが自由に行き来できなくなることで生息域に偏りが出て、生態系のバランスを崩すことになった。

おすすめ関連書籍

観光の力 世界から愛される国、カナダ流のおもてなし

たくさんの観光客、住民の幸せ、持続可能という矛盾しがちな課題を、どうクリアするのか。観光大国カナダの事例にヒントをさぐる。

定価:1,980円(税込)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る