住民総がかりで観光客をもてなす:フォーゴアイランド・イン

竹馬のような足で立つフォーゴアイランド・イン。 タラをさばく小屋の工法が採用されている ©Bent René Synnevåg
竹馬のような足で立つフォーゴアイランド・イン。 タラをさばく小屋の工法が採用されている ©Bent René Synnevåg
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルスによって甚大なダメージを被った観光地が立ち直るための1つのヒントが、日本から遠く離れたカナダ最東端の小さな島にある。北大西洋に浮かぶ最果ての島フォーゴ島(Fogo Island)。この島は、観光客と住民が共感でつながり、信頼し合って一緒につくりあげる観光を実現している。

 フォーゴ島は面積が石垣島とほぼ同じ、住民わずか2500人にすぎない小さな島。観光スポットもなければ、カヌーやスキーのようなアクティビティーもない。そんな場所にカナダの首相一家やハリウッドスターら世界のセレブが観光で訪れる。ここは世界の観光業界が注目する島なのだ。だが、ここはほんの30年ほど前、政府からも島民からも見捨てられたような場所だった。

 この島では、およそ400年間にわたって、Cod(コッド)と呼ばれるタラを獲ることが唯一の生業だった。しかし乱獲が進み、1960年代に外国の大型船が最後のタラを一網打尽にした結果、タラはまったく獲れなくなってしまった。漁師たちは生きるための糧を失い、多くの住民が故郷をあとにする。そして1992年、政府はついに資源保護のためタラ漁の禁止を宣言した。

 ところが今から10年ほど前、フォーゴ島は観光の力を使って劇的な復活を遂げた。起爆剤となったのは、不思議な形をした高級ホテル「フォーゴアイランド・イン」。かつて漁師の父とともに島を去った1人の少女、ジータ・コブがビジネス界で成功を収めて島に戻り、さまざまな協力と支援を得ながらホテルを建設し、島の再建に着手したのだ。

おすすめ関連書籍

観光の力 世界から愛される国、カナダ流のおもてなし

たくさんの観光客、住民の幸せ、持続可能という矛盾しがちな課題を、どうクリアするのか。観光大国カナダの事例にヒントをさぐる。

定価:1,980円(税込)

「書籍「観光の力 世界から愛される国、カナダ流のおもてなし」から紹介 観光再生プロジェクト」最新記事

バックナンバー一覧へ