「うちは父が技術者で、わりと宇宙が好きですし、科学誌とかもいっぱいあるような家庭でした。小学生の時に望遠鏡を買ってもらって、月のクレーターを見て、わあ、すごいな、天文っていいなって思ったことは覚えています。それくらいのぼやっとした憧れは持ってましたね」

 もちろんこれは、今にして思えば、という話でもあって、実際のところ、坂井さんの中学高校時代は、なりたいものが色々出てくるような本人曰く「迷走していた」時代だという。その中には弁護士のように、天文学者とはある意味で対極にあるような職業も含まれていた。

天文少女ではなかった坂井さん。宇宙への関心は、どんなふうに深められてきたのだろう。
天文少女ではなかった坂井さん。宇宙への関心は、どんなふうに深められてきたのだろう。
[画像をタップでギャラリー表示]

 そんな中で、坂井さんは、受験勉強を通じて自分の「適性」や関心の方向性を見出すことになる。

「私、暗記しなければならないことが多い科目が苦手なんです。一方で、物理や数学は好きだし、得意でした。高校生の時に行っていた塾がおもしろいところで、研究にも通じるような物理学の本質的なことを教えてくれるんです。その影響も多少あって、大学は物理学科に行ったんですけど、その時に頭の中に、天文学者になる道も残されているようなところがいいという考えもあって、早稲田大学の物理学科に入りました」

 早稲田大学の物理学科には、宇宙物理学の研究室などがあり「宇宙のはじまり」についての研究ができる。でも、結果的に坂井さんは、その研究室に進むのではなく、むしろ、もっと身近なこと、たとえば太陽系の起源にかかわる勉強がしたいと気づいた。

「学部生時代に、先ほどの塾の先生に東大の天文の先生を紹介していただいて、『宇宙の研究をやってみたいけど、いい研究室知ってますか』と軽い気持ちで聞いたんです。そしたら、まあ、『宇宙をやりたいって、宇宙の何をやりたいわけ』って、当然聞かれるわけですよね。それはそうです。私だって、同じ状況だったら聞きますから(笑)。でも、その時の私は、あまりにもぼやっとして、答えられませんでした。それで、すごく反省しまして、宇宙の研究にはどういう分野があるのかと、調べました。その中で、本当に興味を惹かれたのは、『宇宙のはじまり』ではなかったんですよね。まずは身近なところで、太陽系がどうやってできたとか、太陽系にはこれだけ水があるわけだけれども、それはどこから来たのかとか、そういう物質的な起源がおもしろいと思ったんです」

 そこで紹介してもらったのが、のちに坂井さんが属することになる、東京大学大学院理学系研究科の山本智教授の研究室だった。坂井さんは、大学院入試でほとんど「単願」(東大の大学院入試は4つ希望を書けるのだが、最低限埋めなければならない2つしか書かなかった)で、面接でもそのようにアピールし、無事に山本研究室の学生となった。

「当時、日本で星間化学をやっている研究室はそうなかったんですよ。山本先生の研究室は、星ができる前の雲の状態で、炭素から一酸化炭素、COになっていくような化学進化を研究していました。具体的には、富士山の山頂に電波望遠鏡を置いて、そこで、中性炭素原子、炭素のスペクトル線を検出していたんです」

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る