「今更きけない」レベルの基本的なことを、鈴木さんに教えてもらった。

 旧植民地出身のオールドタイマーから、今、問題になっている「留学」「研修」「技能実習」、そして、「特定技能」についても駆け足で見た。

 では、現時点で、鈴木さんが問題視しているのはどんな部分なのだろうか。

国士舘大学教授の鈴木江理子さん。移民政策、労働政策、人口政策などを専門とする社会学者だ。
[画像をタップでギャラリー表示]

「政府は、特定技能の制度についても『移民政策ではない』と言い続けています。労働力はほしいけど、怪我したら帰ってください、病気になったら帰ってください、年をとったら帰ってくださいと。労働力としての有用性のみが評価されるわけです。その点では、『特定技能』の制度も『技能実習』と同じです。家族を呼べないのも同じですし」

 なぜ政府が「移民政策ではない」ことにひたすらこだわるのか、直接の理由を語ったことがないため、よくわからない。ただ確実に言えるのは、技能実習から特定技能へと移行すると、最長で10年もの期間、日本で、単身、働き続けることになり、その間、日本で出会った相手と家族形成したいと願う若者もかなり出てくるだろうということだ。いや、たとえ5年きっかりであってもそうだろう。やはり実質的な「移民」受け入れにつながっていくのではないだろうか。

「実は、母国に家族を置いておけというのは、つまり、結局賃金も安く抑えることが可能になるということなんです。家族を呼べば、家族が暮らせるだけの賃金が必要になるので。私は家族が暮らせることはかなり大切なことだと思っています。途上国から来た人が、それも単身でしか働けないっていう状況を続けたら、その産業もそういった労働者に依存しつづけることになりますよね。一方で、日本で家族を養えるような環境なら、日本人もそこに戻ってくるかもしれません」

 現状では、日本で家族形成をする「日本人」はとうてい働けない労働条件を容認してしまっているわけで、ならば、外国人労働者が家族を呼び寄せても暮らしていけるだけの待遇を実現すれば、それはそのまま「日本人も働ける」場所になっていくはずだ。実は外国人労働者をめぐる議論は、そのまま日本人労働者の問題と直結していることが多い。

 それでも、制度は動き始め、また以前にもまして「外国人材の活用」が叫ばれる。

おすすめ関連書籍

2019年8月号

移民とともに地球を歩く/国籍のない赤ちゃん/スペインのアフリカ移民/人生が交差する国境の街角/ヨーロッパ人はどこから?/しぶとく生きるクズリ/ダライ・ラマ 希望の祈り

大特集「移動する人類」。国籍のないロヒンギャ難民や、スペインへ渡ったアフリカ移民の苦闘のほか、人類移動の歴史にも焦点を当てます。このほか、ダライ・ラマや動物クズリの特集もぜひご覧ください。

定価:1,110円(税込)

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る