低賃金や長時間労働などのひどい状況は、団体監理型の技能実習で特に起こりがちだとされている。しかし、大企業による企業単独型でも、日立製作所や三菱自動車という超大手企業とその関連企業でも改善勧告や改善指導を受けるなど、やはり制度としての構造的な問題が浮き彫りになっている。2010年には、国連特別報告者が「奴隷的状態」と表現し、アメリカ国務省の「人身取引年次報告書」が、「人身取引に該当する」との見解を明らかにしていたほどだ。

「本来、技術移転、国際貢献のための制度のはずなのですが、あまりにも制度の看板と実態が違うので、みんな制度の看板を忘れてしまっています。2016年11月に成立した技能実習法(17年11月施行)では、適切に受け入れている優良なところは在留期間を延長するとなっていますが、その『優良』って、労働法を守っているという意味で、技能移転がしっかりとなされているかっていうことではないんですよね」

 本来の労働力不足の解消ための制度ではないけれど、一応、合法的な在留資格を持っている人たちを、別の名目(技能移転)で労働させるという点で、こういうものを「サイドドア」と鈴木さんは表現した。かつてのオーバーステイの労働者は、就労どころか在留資格もないのだから「バックドア」(裏口)である。

 そして、1993年に創設されて以降、技能実習の仕組みは20年余りにわたってブラッシュアップされ、雇用者にとっては使い勝手のよい、一方で、そこで働く人々にとっては「奴隷的状態」「人身取引」とすら言われるまさに人権問題の象徴のような制度になっていった。

 国内外からの批判にさらされて、日本政府も重い腰をあげて「フロントドア」からの受け入れを検討し始め、満を持して導入されたのが、今年(2019年)からの「特定技能」である。これは、日本ではじめて、表玄関、フロントドアから「単純労働者」を受け入れる政策だ。これによって、これまでの矛盾は解消されるのだろうか。

[画像をタップでギャラリー表示]

「──フロントドアからの受け入れ、つまり、日本社会が必要としている労働者を、別の名目ではなく労働者として受け入れるという点では、私は評価をしています。ただし、職種がまだ14分野と限られていて、他はやっぱり技能実習に依存しなければいけないんです。例えば四国で最近問題になったのはタオル工場でしたが、縫製・繊維は14分野の中に入っていません」

「──あと技能実習から特定技能への移行が可能なんですよ。国際貢献と労働力不足への対応、目的が異なる2つの制度がつながること自体おかしいですよね。しかも、移行が可能ということは、結局、技能実習の送り出しや受け入れの利権が引き継がれてしまう。そのしわ寄せがすべて当事者のところにいっている状況なので、ここを切り離さないと駄目だと思っています」

 そのようなわけで、フロントドアから受け入れを開始した現況は決して予断を許さない、と鈴木さんは考えている。

つづく

鈴木江理子(すずき えりこ)

1965年、愛知県生まれ。国士舘大学文学部教授。博士(社会学)。NPO法人移住者と連帯するネットワーク(移住連)副代表理事。2008年、一橋大学大学院社会科学研究科社会学博士課程修了後、国士舘大学文学部准教授などを経て2015年より現職。『日本で働く非正規滞在者』(明石書店)で平成21年度沖永賞を受賞したほか、『外国人労働者受け入れを問う』(岩波ブックレット)、『移民受入の国際社会学 選別メカニズムの比較分析』(名古屋大学出版会)、『移民政策のフロンティア 日本の歩みと課題を問い直す』(明石書店)、『移民・外国人と日本社会』(原書房)など共編著書も多数ある。

川端裕人(かわばた ひろと)

1964年、兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。文筆家。小説作品に、『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)、『天空の約束』(集英社文庫)、NHKでアニメ化された「銀河へキックオフ」の原作『銀河のワールドカップ』(集英社文庫)とその“サイドB”としてブラインドサッカーの世界を描いた『太陽ときみの声』(朝日学生新聞社)など。
本連載からのスピンアウトである、ホモ・サピエンス以前のアジアの人類史に関する最新の知見をまとめた近著『我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち』(講談社ブルーバックス)で、第34回講談社科学出版賞と科学ジャーナリスト賞2018を受賞。ほかに「睡眠学」の回に書き下ろしと修正を加えてまとめた『8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識』(集英社文庫)、宇宙論研究の最前線で活躍する天文学者小松英一郎氏との共著『宇宙の始まり、そして終わり』(日経プレミアシリーズ)もある。近著は、世界の動物園のお手本と評されるニューヨーク、ブロンクス動物園の展示部門をけん引する日本人デザイナー、本田公夫との共著『動物園から未来を変える』(亜紀書房)。
ブログ「カワバタヒロトのブログ」。ツイッターアカウント@Rsider。有料メルマガ「秘密基地からハッシン!」を配信中。

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る