第1回 その数300万人以上、日本はすでに「移民社会」

手前の『外国人労働者受け入れを問う』(岩波ブックレット)は2014年に書かれた鈴木さんの共著で、外国人労働者問題の入門書として評価が高い。

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー