あなたの知らないカナダワイン

世界一美しいワイン産地ともいわれるオカナガン峡谷
[画像のクリックで拡大表示]

 カナダの2大ワイン産地と言われるのが、ナイアガラの滝があるナイアガラ地方と、太平洋側の内陸部にあるオカナガン峡谷だ。日本ではあまり知られていないが、実はいずれも世界トップクラスのおいしいワインを生産している。

 ナイアガラ、オカナガンともに、その気候や土壌、地形など、ブドウ生産にかかわる条件「テロワール」がかなり変わっているそうだ。例えばオカナガンは乾燥した砂漠地帯にあり、夏の気温は40度にも達し、昼夜の寒暖差が大きい。氷河が大地を削って峡谷を生み出したときに残していったさまざまな質の土もある。

 だから同じオカナガン峡谷でも、少し場所が違うだけでさまざまな種類のブドウ栽培が可能になる。そして、それを知った世界中の人たちが、新しくておもしろい、こだわりのワイン作りにチャレンジしたいと、カナダに移り住んで上質なワインを作るようになったのだ。

 ただし、そう遠くない昔、オカナガンのワインは、あまりおいしくなかったという。それを劇的に変えたのが、1994年に発効したアメリカ、カナダ、メキシコによる「北米自由貿易協定」(NAFTA)だった。

 カリフォルニアの安くておいしいワインがカナダになだれ込んでくる前に、カナダの人たちはブドウをすべて抜き、いい品種の苗に植え替えた。先進地から専門家を呼び寄せ、一からワイン作りを学び直した。その結果、NAFTA発効と同じ年に、オカナガンの白ワインが国際大会で金賞を受賞し、人々を驚かせることになる。

 そこに、世界中から移住してきた人たちの知識や経験やチャレンジ精神が加わった。特異なテロワールもある。オカナガンのワインがおいしくないわけがないのだ。

おすすめ関連書籍

カナダの謎

なぜ『赤毛のアン』はロブスターを食べないのか?

知らなかったカナダの魅力を、深く、わかりやすく楽しむ。この本を読むと、絶対にカナダに行きたくなる! 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:本体1,200円+税