ニューファンドランド島の港町、トリニティ
[画像をタップでギャラリー表示]

 カナダ最東端の島、ニューファンドランドと言っても、イメージのわく人はあまりいないかもしれない。しかし、この島は知らなくても、童話作家 宮澤賢治のことは多くの人が知っているだろう。

 賢治が残した物語の中に、『ビジテリアン大祭』という作品がある。世界中の菜食主義者がひとところに集まって世界大会を開催する、というのが物語の設定。その開催場所がなんと、カナダのニューファンドランドなのだ。そして日本代表である主人公は、この島に実在する小さな港町トリニティに船で到着し、そこから歩いて大会会場に向かうのだ。

 インターネットどころかテレビすらない時代に、賢治はどうやってカナダ最東端の島のことを知ったのだろう。僕は学者ではないので、こうした疑問に明確な答えを示すことはできないが、仮説なら立てられる。そのための手がかりが賢治の代表作『銀河鉄道の夜』に残されていた。

 主人公のジョバンニが乗る銀河鉄道に、黒い洋服を着た背の高い青年と、女の子と男の子の姉弟が乗り込んでくる。その青年は自分たち3人の境遇について、乗っていた船が氷山にぶつかって沈んだ、と説明するのだ。

 そう聞いて思いつく海難事故がある。1912年、イギリスからアメリカのニューヨークに向けて処女航海に出た豪華客船タイタニック号は、氷山と衝突して沈没した。その場所こそ、ニューファンドランド沖なのだ。

ニューファンドランド島の沖を流れていく氷山
[画像をタップでギャラリー表示]

 タイタニック号を沈めた氷山は、ニューファンドランドの北に位置するグリーンランドから、ラブラドール海流という寒流に乗って運ばれてくる。この氷山とタイタニック号の衝突というニュースを、岩手県花巻市で暮らす賢治は新聞で読んだのだろう。このショッキングな事故から何らかのインスピレーションを得て、賢治は『銀河鉄道の夜』に、その乗船客を思わせる3人を登場させたに違いない。

 さらに僕の仮説を続けると、賢治はタイタニック号が沈んだ場所を探し、図書館で目を皿のようにして地図を見つめたのではないだろうか。その賢治の目に飛び込んできたニューファンドランドとトリニティの文字。

 地名はカタカナではなく、英語で記されていたのだろうと思う。「Newfoundland」とは文字通り、新たに見つけられた土地であり、「Trinity」とはキリスト教の教えである「三位一体」を意味する。

 賢治は、タイタニック号沈没の年に修学旅行で宮城県の松島を訪れ、生まれて初めて海を見ている。衝撃的な海難事故と、目に焼き付いた初めての海。その海のはるか先にある、新世界を思わせる島と、宗教性を帯びた名を持つ港町。

 こうした偶然が相まって、賢治は『ビジテリアン大祭』の舞台をニューファンドランドと決め、主人公の乗る船をトリニティに入港させたのではないか。これはあくまで僕の仮説にすぎない。しかし、賢治とニューファンドランド、日本とニューファンドランドの不思議なつながりを感じずにはいられないのだ。

コッドから作る保存食「干し塩ダラ」
[画像をタップでギャラリー表示]

 ニューファンドランド沖では、氷山を運んでくるラブラドール海流と、南から北上してくるメキシコ湾流という暖流がぶつかりあっている。だからこの海は魚種もプランクトンも豊富で、世界屈指の好漁場として知られている。その中でも、コッドと呼ばれる「タラ」こそが、島の代名詞と言える魚だ。

 実は大航海時代を開いたスペインやポルトガルは、無尽蔵と思われるほど豊富なニューファンドランドのコッドを保存食にして船に積み込み、何カ月にも及ぶ航海へと漕ぎ出していた。コッドが優れた保存食になるのは、その身にほとんど脂をまとっていないからだ。コッドは頭を落とし、内臓や背骨を取り除いて身を開くと、二等辺三角形の白い切り身になる。これに塩をまぶして固く干し上げると、長期保存が可能な「干し塩ダラ」に変身する。

 この干し塩ダラはバカリャウと呼ばれ、今でもポルトガルの国民食として愛されている。コッドが大航海時代を支えた証拠に、ポルトガルがかつて支配した中国マカオには今も数々のバカリャウ料理が伝えられている。

 ニューファンドランド沖のコッドがいなければ、大航海時代はこれほどまでにダイナミックなものとなっていなかったかもしれない。とすると、日本の戦国時代の戦い方を一変させた火縄銃はポルトガルによって日本にもたらされなかったかもしれない。フランシスコ・ザビエルも日本に来なかったかもしれない。コッドという地味な魚は、世界史上とんでもなく重要な役割を果たしているのだ。

この連載はカナダ観光局の提供で掲載しています。

著者 平間俊行(ひらまとしゆき)

ジャーナリスト。1964年、宮城県仙台市生まれ。報道機関での勤務のかたわら、2013年から本格的なカナダ取材を開始。歴史を踏まえたカナダの新しい魅力を伝えるべく、Webサイトや雑誌などにカナダの原稿の寄稿を続ける。2014年7月『赤毛のアンと世界一美しい島』(マガジンハウス)、2017年6月『おいしいカナダ 幸せキュイジーヌ旅』(天夢人)を出版。

おすすめ関連書籍

カナダの謎

なぜ『赤毛のアン』はロブスターを食べないのか?

知らなかったカナダの魅力を、深く、わかりやすく楽しむ。この本を読むと、絶対にカナダに行きたくなる! 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:本体1,200円+税

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る