第6回 こんなサプリメントにご用心

 ケンブリッジ大学MRC疫学ユニットの今村文昭さんとの対話は長時間に及んだ。

 朝9時ころから話しはじめて、気がついたらもうお昼になっていて、本当に飛ぶように時間がすぎた。

 ぼくは午後、ケンブリッジ大学のメインキャンパスで別のアポイントメントがあったので、いったんアデンブルック病院を離れざるを得なかった。

 お互いにまだ話が半分くらいしか済んでいないことを確認し、夕方、今村さんが仕事を終えてから、今度はケンブリッジの大学のメインキャンパスの会議室で話を再開することになった。

ケンブリッジという地名は「ケム川にかかる橋」という意味。ケム川をめぐるボートツアーは観光客に大人気だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ここから先は、午前中の対話を前提にした「応用編」だ。

 ちまたに溢れる食品情報と、ぼくたちはどうつきあっていけばいいか。

 理論や方法に詳しい栄養疫学者の目から見るとどう見えるのか、これまでのところでも折に触れて述べてきたけれど(加糖飲料やフルーツジュースの件など)、あらためて目立った食品情報について、今村さんの意見を聞いてみたい。栄養成分レベルから食事パターンまで様々な階層がある中で、まずは栄養成分レベルから。

 つまり、サプリメントの類はどうだろう。

英国ケンブリッジ大学で研究を行なう栄養疫学者の今村文昭さん。
[画像のクリックで拡大表示]

「まず、ご存知の方もいると思いますが、栄養疫学の歴史で注意すべきこととして、サプリメントの服用で死亡率が上がるという衝撃的な結果が出たことがあるんです。1980年代にニンジンやカボチャなど黄緑色野菜に含まれるβカロテンが、がんを抑制するという仮説が提唱されこれは期待が持てるのではないかと盛り上がりました。日本でもβカロテン入りの健康飲料やサプリメントが発売されましたよね。でも、その後、臨床試験が行われると、βカロテンのサプリメント服用によって喫煙者など特定のグループで死亡率が上がるということが分かりました。その一方で、重篤な疾患に対する有効性を示す研究はまったく出ていません。2000年以降に行われた複数のメタアナリシスでも、サプリメントの常用が死亡率を10%弱上げるだろうという結果になりました」

 健康によいと期待されていたものの効果が確認できなかっただけでなく、喫煙者などには有害であることが分かってしまった。ぼくも発売された健康飲料を時々飲んでいたから、衝撃を受けたことを覚えている。もっともこの健康飲料には、そもそも健康への影響が出るような量のβカロテンは入っていなかったそうなのだが。

 では、最近、ドラッグストアでよくみる様々なサプリメントはどうだろう。