第1回 もしも“誰かの顔”を生き写す3DCGをつくれたら

 アバターが代弁してくれるシステムはなかなか面白くて、いったんこういうことが実現してしまうと、じゃあアバターは本人じゃなくても、いいんじゃない? イカツイおじさんより、きれいな女性にしましょうとか、そっちの方面にも話が転がりうる。しかし、ここでは深入りせずに、森島さんのゴールの一つが「顔のCG」という方面にひとつ設定されたということを強調しておく。また1980年代の一世代前の人工知能ブームにも棹さすものだったと記憶しておこう。その上で、30年後の森島研が、現在進行形のテーマとしてかかわっていることに注目していこう。

「最近うちが掲げているゴールは、こと顔のCGでいうと、Sayaレベルのクオリティの顔のCGを自動生成することです」

“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」の映像。Sayaは架空の人物だ。

「顔のモデリングをどんどんリアルにしていくと、リアルになればなるほど違和感が増して、いわゆる『不気味の谷』に落ちるよって話があったんですが、でも最近、このSayaというキャラクターが、それを超えたと話題になっています。作者は、TELYUKAさんっていう人たちで、彼らは、このクオリティのCGを、既存のレンダリングツールなり、モデリングツールなりを使いこなして、それこそ採算度外視で、とても時間をかけて作っています。あくまで手作業で、彼らなりの表現能力というか、感性で表現されたタッチですとかを、つきつめたクオリティです。じゃあ、どうやったらこのレベルのものを自動生成できるか、今一緒に研究をしようとしているんです」

 Sayaは特定のモデルがいるわけではなく、あくまでデジタルで作られた3DCGなのだが、言われなければそう思えない、あるいは、言われても実写に見えてしまうほどのリアルさがある。また、特筆すべきなのは「SayaのSayaらしさ」という個性が、単に顔の造作というレベルではなく、仕草や表情のレベルでもしっかりあってドキッとさせられる。つまり、Sayaの顔は、顔が持つ「本人性」のようなものも見事に表現している。

 では、森島さんのチャレンジがどこにあるかというと──

「Sayaの場合は、未知というか、実在しないキャラクターです。あくまでTELYUKAさんたちの頭の中にあるSayaっていうアイデンティティを持った、誰も知らない人物です。でも、僕たちがやろうとしているのは、実在の人物のCGなので、リアルにできたけどなにかちょっとおかしいとか、そういうことが起きるかもしれないんです。そのときに顔を忠実に再現するだけでなく、表情の本人らしさとはなんだろうとか、ということも課題になります」

 なるほど、Sayaの本人らしさはクリエイターによって付与されたものだが、森島さんが目指すのは実在の人の顔CGで、表情も含めて本人らしくということなのだ。さらに自動生成、ということも目標にするから、ハードルは高そうだ。

 そこに至るまで、どんなステップがあるのか、伺っていくことで実はかなり遠く、かつ、面白い地点まで到達することになりそうな予感がする。

先頃Sayaにそっくりな本物の女性が話題になったが、実は逆に、実際にいる誰かにそっくりな映像、特に表情を再現するのはずっと難しいという。
[画像のクリックで拡大表示]

つづく

森島繁生(もりしま しげお)

1959年、和歌山県生まれ。早稲田大学先進理工学部応用物理学科教授。工学博士。1987年、東京大学大学院電子工学博士課程修了。同年、成蹊大学工学部電気工学科専任講師に。同助教授、教授を経て2004年、早稲田大学先進理工学部応用物理学科教授に就任、現在に至る。その間、1994~95年にトロント大学コンピューターサイエンス学部客員教授、1999~2014年に明治大学非常勤講師、1999~2010年に国際電気通信基礎技術研究所客員研究員、2010~2014に年NICT招聘研究員も務めた。1991年、知的通信の先駆的研究により電子情報通信学会業績賞を、2010年電気通信普及財団テレコムシステム技術賞を受賞。

川端裕人(かわばた ひろと)

1964年、兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。文筆家。小説作品に、『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)、『天空の約束』(集英社文庫)、NHKでアニメ化された「銀河へキックオフ」の原作『銀河のワールドカップ』(集英社文庫)とその“サイドB”としてブラインドサッカーの世界を描いた『太陽ときみの声』(朝日学生新聞社)など。
本連載からは、ホモ・サピエンス以前のアジアの人類史に関する最新の知見をまとめた近著『我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち』(講談社ブルーバックス)をはじめ、「睡眠学」の回に書き下ろしと修正を加えてまとめた『8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識』(集英社文庫)、宇宙論研究の最前線で活躍する天文学者小松英一郎氏との共著『宇宙の始まり、そして終わり』(日経プレミアシリーズ)がスピンアウトしている。
ブログ「カワバタヒロトのブログ」。ツイッターアカウント@Rsider。有料メルマガ「「秘密基地からハッシン!」」を配信中。