日本人の祖先は約3万8000年前に海を渡って来た

 アフリカから拡散したホモ・サピエンスが日本に来たのは3万8000年前ごろだということがわかっています。日本列島中にその時期の遺跡があるからです。

 3万年前の人というといわゆる素朴な“原始人”だと思う人が多いと思います。でも、ぼくはあることに気づいて、180度考え方が変わりました。それが「3万年前の航海」です。

 当時の地形を、海面の変動の歴史からだいたい復元することができます。今より海面が80mぐらい低く、台湾海峡は水深60mですから、台湾は大陸の一部でした。瀬戸内海はありませんでした。ナウマンゾウの化石がたくさんみつかるのはそのためです。北海道は極東ロシアの沿海地方までつながっていて半島でした。ぼくらは「古サハリン-北海道半島」と呼びます。北海道でマンモスの化石がみつかるのは、大陸から陸路をたどって来たからです。

3万8000年前ごろ、ホモ・サピエンスは対馬海峡を越えて日本列島に入って来た。その後、南方、北方からも入ってきた。(画像提供:海部陽介)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ところが、津軽海峡と対馬海峡は開いていました。沖縄も海で囲まれていました。ですから、本土に入って来るにはどこかしら海を渡らないといけませんでした。そこから、ぼくらの祖先は海を越えてきたということがわかるわけです。

 おそらく、最初のグループは約3万8000年前に対馬海峡を越えてやってきました。これは遺跡の分布からわかります。九州と本州に一番古い遺跡がありますから。そしてもう少し後に北海道の方からも入ってきました。

台湾から琉球列島に渡った3万年前の航海の謎

 ぼくらが今一番注目しているのは沖縄です。琉球列島の海を越えたことにとても興味をもっています。考えてみたらすごいですよね。当時の技術はまだわかりませんが、あの海を越えて渡っていったなんて信じられないです。でも証拠が語っています。種子島、奄美大島、徳之島、沖縄島、宮古島、石垣島で3万年前クラスの遺跡がずらっと見つかるんです。ホモ・サピエンスの骨や世界最古の釣り針が見つかっています。それ以前には人がいないのに、突然琉球列島全体に人が現れる。これはひとつの島に偶然人がたどり着いたという話ではありません。

種子島、奄美大島、徳之島、沖縄島、宮古島、石垣島で3万年前クラスの遺跡が見つかることから、そのころには人類が琉球列島の海を越えて島々に渡っていたことがわかる。(画像提供:海部陽介)
[画像をタップでギャラリー表示]

 古い本には「台湾から琉球列島が陸続きで渡ってきた」と書いてありますが、今ではそれは間違いだとわかっています。琉球列島に陸橋がなかったことは地質学的に示されています。もうひとつの証拠は動物の固有種が存在していることです。琉球列島にはアマミノクロウサギやヤンバルクイナがいますね。これは島が孤立していたことを物語っています。

 ちょっと面白いのは、屋久島の動物はモグラもネズミも全種類九州と同じだそうです。おかしいなと思うでしょうが、大隅海峡の水深を見ると110mです。とても寒くなって120~130m海面が下がった2万年前頃に陸がつながっていたんですね。

次ページ:草舟、竹筏、丸木舟を作って実験してみた

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る