大学で長年醸造や発酵を研究してきた小泉武夫氏は、微生物を利用した発酵食品の素晴らしさを多数の著書や講演で紹介してきました。発酵技術をさらに進化させ、微生物と人類が共生していく未来について語っていただきます。

小泉武夫氏(撮影:青木計意子)
[画像をタップでギャラリー表示]

 こんにちは、小泉です。

 私は微生物の力を借りて暮らしに活かす「発酵」技術をさらに発展させることが、人類の地球永住のためのカギだと考えています。

 では、微生物とはどんな生き物なのでしょうか。身近なところから極限環境まで、驚くほど多様な微生物の世界を見てみましょう。

身近な微生物

 私たちの身近な微生物には酵母、乳酸菌、納豆菌などがあります。納豆菌は3ミクロンぐらいですけれども、そんな小さな生き物でも人間と同じように遺伝子をもち、体内に取り込んだ栄養を分解したエネルギーで生きています。子どもも産みます。

 皆さんの体にもたくさんの微生物がいて、東北大学の服部勉さんの研究では、成人にはだいたい4兆個の微生物がいると言われています。ですからもし皆さんの目が顕微鏡的だったら、ほとんどの人がカビだらけ、バクテリアだらけです。うんち1グラムには日本の人口の倍の微生物がいます。ものすごいですね。

私の地球永住計画

 地球上に最も早く出現した生命体は微生物で、今から36億年前のことである。勿論人間の原点はこの生命にあり、ここから進化して今日に至っている。

 その微生物は、この地球上で最も数の多い生命体で、例えば肥沃な土壌で1グラム中には3億から4億個の細胞が存在し、これを地面から深さ15センチメートルの土壌1立方メートル中に生存する微生物体量に換算すると、実に480~640グラムにも達する。また、成人の体には約4兆個の微生物が棲息していて、例えば大腸の中の微生物菌体量は1.2キログラムと考えられている。

 その微生物が存在しなければ、地球の生態系は維持できない。従って人間はこの生命体と永遠に共生共存しなければならない。そこで人間は、微生物を巧みに利用、応用して「発酵」という一大文化を創造した。今では医薬、食品、化学製品、環境浄化等々の分野で、この生命体抜きでは何も成し得ることはできないほどである。そこで私は、この地球永住計画では「FT革命」(Fermentation Technology:発酵技術革命)を提案することにする。

小泉武夫

次ページ:微生物は超能力者だ

この連載の前回の
記事を見る

この連載の次の
記事を見る