第5回 「日本でもレジ袋の規制に踏み出すべき時」

「バイオマスから作った生分解性プラスチックを使って、使った後は堆肥化するのが一つの方法です。流通の仕組み、あとは包装の仕組みも考えていくということで、大きな話になるんですが、それを今からやらないと手おくれになりますので。現時点ではこういうことを議論するのは、国内では環境省なんですけど、そろそろ経産省も含めたもっと大きな枠組みで、プラスチックを循環型経済の中に組み込んでいく流れにしなければと思います」

 高田さんは、最近、あるメーカーがデンプンから作ったという試作品の生分解性プラスチックシートを見せてくれた。ちょっとごわっとしていたが、十分な強度を持ったプラスチックの手触りだった。こういったものが普及すれば、従来よりは多少性能は悪くとも、十分、代替になるのは分かる。

石油ではなく植物のデンプンから作られた生分解性プラスチックシート。十分、代替品になりそうだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、気になることがある。生分解性のプラスチックは、バイオマス、主に植物から作ることを想定しているわけで、はたして、結果的に、今度は森林問題や農業の問題を引き起こすことにつながらないだろうか。

「それがですね、使い切れていないバイオマスの資源として、セルロースがかなりポテンシャルがあるんです。例えば、トウモロコシの茎ですとか、食料生産を圧迫しないものに注目して進めていけば、食料生産とはぶつからないし、森林破壊ともぶつからないようにできると思います。そして、利用後にちゃんとコンポスト化して農地に戻せば、物質循環もぐるりとまわり、温暖化ガスは出さずにすむわけです」

 というわけで、高田さんの頭の中には、新しい時代の循環型経済まで思い描かれているのだった。本稿で扱うにはあまりに大きすぎる話題なので深追いしないが、構想の力強さに感じ入ることしきりだった。

世界のプラスチック汚染の現状と各国の動向に詳しい高田さんは、日本の対応の遅れを強調した。
[画像のクリックで拡大表示]

つづく

高田秀重(たかだ ひでしげ)

1959年、東京都生まれ。東京農工大学農学部環境資源科学科教授。理学博士。1982年、東京都立大学(現首都大学東京)理学部化学科を卒業。1986年、同大学院理学研究科化学専攻博士課程中退し、東京農工大学農学部環境保護学科助手に就任。97年、同助教授。2007年より現職。日本水環境学会学術賞、日本環境化学会学術賞、日本海洋学会岡田賞など受賞多数。世界各地の海岸で拾ったマイクロプラスチックのモニタリングを行う市民科学的活動「インターナショナル・ペレットウォッチ」を主宰。

川端裕人(かわばた ひろと)

1964年、兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。文筆家。小説作品に、『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)、『天空の約束』(集英社文庫)、NHKでアニメ化された「銀河へキックオフ」の原作『銀河のワールドカップ』(集英社文庫)とその“サイドB”としてブラインドサッカーの世界を描いた『太陽ときみの声』(朝日学生新聞社)など。
本連載からは、ホモ・サピエンス以前のアジアの人類史に関する最新の知見をまとめた近著『我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち』(講談社ブルーバックス)をはじめ、「睡眠学」の回に書き下ろしと修正を加えてまとめた『8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識』(集英社文庫)、宇宙論研究の最前線で活躍する天文学者小松英一郎氏との共著『宇宙の始まり、そして終わり』(日経プレミアシリーズ)がスピンアウトしている。
ブログ「カワバタヒロトのブログ」。ツイッターアカウント@Rsider。有料メルマガ「「秘密基地からハッシン!」」を配信中。